SEOで確実に成果を出すためには?その本質に迫る!

Webサイトを活用してビジネスの成果を生んでいこうとする際に必須の施策の一つである、SEO。

今やWebマーケティングの専門家のみならず、Webサイトを利用して何らかの目的を達成しようとしている方(例えば、趣味で運営している個人のブログのPV数をアップさせようとしている方でも)なら一度はその言葉を耳にしたことがあると思われるSEOですが、実際に成果につなげていくためにどのような施策を講じればいいのかはよくわからないという方も多いのではないでしょうか。

本サイトでは、そんな方々のために、成果につなげていくためのSEOのノウハウを紹介していきます。

そもそもSEOとは?

まずは、SEOという言葉の定義を確認しておきましょう。

SEO(Search Engine Optimization の略称)とは、検索を通じてビジネスを成長させていくために、自社のWebサイトがGoogleやYahooなどの検索エンジンの検索結果でより上位に表示されるように最適化していく施策のことです。検索エンジン最適化とも呼ばれます。

Webサイトを活用したビジネス戦略には、大きく分けて、

1.集客(Webサイトを訪問してくれるユーザーを増やしていくこと。代表的施策はネット広告、SEOなど。)

2.サイト改善(Webサイトを訪問してくれたユーザーのコンバージョン率を高めていくこと。代表的施策はLPO、EFOなど。)

の2つのフェーズがありますが、SEOは集客フェーズの施策です。

同じ集客フェーズの施策の代表的なものにネット広告がありますが、SEOは、出稿料のかかるネット広告とは異なり、直接的な費用をかけずに行える点に特徴があります。

良質なコンテンツの提供が基本!

さて、SEOがビジネスを成長させるために自社のWebサイトを検索結果でより上位に表示されるよう最適化していくことだというのは理解されたと思いますが、それでは実際に成果につなげていくためにはどのような施策を講じていけばいいのでしょうか。

成果につなげるSEOを行うためにすべきことは、本質的には、有益なコンテンツを配信し、ユーザーにとって高い価値を提供できるようなWebサイトを運営していくことに他なりません。

「本当にそんな単純な話なの?」と思われるかもしれませんが、これは検索エンジン側の立場に立って考えると至極当たり前のことだとわかります。

GoogleやYahooなどの検索エンジンは、その主軸のビジネスモデルであるリスティング広告での収益を上げていくために、信頼性が高くより多くのユーザーが利用してくれる検索エンジンになることを目指しています。そのためには、ユーザーに「この検索エンジンを使えば必ず知りたい情報が手に入る!」と思ってもらうために、ユーザーにとって価値のある有益な情報を提供している良質なWebサイトを検索結果の上位に露出させ続ける必要があるのです。

よって、ユーザーにとって高い価値を提供できる良質なWebサイトを運営していくことがSEO対策の主軸となるのです。

プラスで技術的な工夫も必要

そして、検索エンジンは、世界中にある全てのWebサイトの質を手動で一つ一つ判断して順位を決めていくのは物理的に不可能なので、独自の検索アルゴリズムを用いてWebサイトの検索結果における表示順位を決定しています。

検索エンジン側は、ユーザーのニーズに完全にマッチした良質なWebサイトを表示できるように日々検索アルゴリズムの改善を行っていますが、現時点ではそこにはある程度の技術的制約が残ってしまっています。

よって、有益なコンテンツを提供するWebサイトを運営していくのはもちろんのこと、そのWebサイトの価値を検索エンジン側に正しく認識してもらうための技術的な工夫も必要となってくるのです。

(なお、Webサイトの価値を高めることなく、検索エンジンを欺いて価値のあるWebサイトだと見せかけるような施策はブラックハットSEOと呼ばれ、確かに数年前まではある程度の効果を生んでいました。しかし検索アルゴリズムが年々高度化していくにつれて、こうしたブラックハットSEO施策は通用しなくなってきたどころか逆にペナルティを受けて検索結果の表示順位を大きく下げられてしまうようになったので、あまりオススメできません。)

成果につながるSEO基本ノウハウ3選!

ここからは、Webサイトの価値を検索エンジンに正しく認識してもらうための基本的なノウハウを3つ紹介します。

基本的には検索エンジンに寄り添って施策を講じていくことになるので、検索エンジン自身が出しているSEOガイド(例えば、Googleの検索エンジン最適化スターターガイド)がとても参考になることは言うまでもありません。

本サイトも、基本的にはこのGoogleが公表している指針を参考にしています。

1.適切なページタイトルとメタタグをつける

検索エンジンとユーザーの双方にサイト・ページの概要やトピックを正確に把握してもらうために、適切なページタイトルとメタタグをつけましょう。

ページタイトルは、文字通り検索結果ページに表示されるページタイトルのことで、HTMLの<head>~</head>の間に<title></title>というタグで記載されます。

メタタグとは、検索エンジンにページの概要を伝えるものです。以下の画像のように検索画面に出てくる2~3行の説明文のことを指します。HTMLの<head>~</head>の間に<meta name=”description” content=”” >というタグで記載されます。

milanoffashioncity

ページタイトルとメタタグの文言をつける際のポイントとしては、

1.目標とする検索キーワードを必ず含めるようにする

2.ある程度具体的な説明を入れて、それを一読するだけでページやサイトの概要を把握できるようにする

3.検索結果の枠内に収まりきるような文字数にする(タイトルは35文字以内、メタタグは120文字以内が目安。)

4.他社・他サービスとの差異(値段や機能面など)を明確に押し出して、ユーザーがクリックしたくなるようなものにする

といった点を意識しましょう。

 2.わかりやすいURLの構造にする

URLをわかりやすい構造にすることは、検索エンジンとユーザーにサイトの全体像を把握してもらいやすくするために必須の施策です。

基本的に、不要なパラメータやセッションIDなどを含んだ長すぎるURLにすることは避けましょう。

URLを決める際のポイントとしては、

1.URLにそのページのコンテンツと関連した単語を使用する

2.ユーザーがサイト内のどこにいるのか把握しやすいような、簡潔なディレクトリ構造にする

3.1つのページのURLは1つにする(複数のURLで同じページにアクセスできるようにしない)

  ※例…「www.○○○.com/page.html」と「○○○.com/page.html」が同じページを指している

といった点を意識しましょう。

3.わかりやすいナビゲーションをつける

ユーザーが目的としているページにストレスなく迅速にたどり着けるように、わかりやすいナビゲーション(サイト内の各ページに共通して置かれる、サイト内のどこに何があるのかを簡潔にまとめたリンク集やメニューなどのこと。)をつけましょう。

これは、検索エンジンに各ページの役割を適切に理解してもらうためにも重要です。

ナビゲーションをつける際のポイントとしては、

1.包括的なコンテンツからより詳細・個別的なコンテンツへと下っていくような、自然な階層構造にする

2.パンくずリストをつける

といった点を意識しましょう。

※パンくずリスト・・・ページの上部か下部にある内部リンクを1列に並べたもの。たとえばECサイトのとある日本のSF映画のDVDの商品詳細ページを想定すると、ページ上部に置かれている

DVD > 日本映画 > SF

といったナビゲーションのことです。

サーチコンソールとAIアナリストで効果検証をしよう!

上記のようなSEO施策を講じたら、当然その施策の効果を検証してPDCAサイクルに落とし込んでいく必要があります。

その効果検証の際に役立つツールが、Google Search Consoleです。

サーチコンソール
サーチコンソールは主に、

1.登録したWebサイトがGoogleからどのように認識・評価されているか

2.登録したWebサイトが検索結果でどのように表示されるか

という2点を確認することができ、まさにSEOの効果検証のためのツールとしては最適なツールだと言えるでしょう。

とはいえ、サーチコンソールを使いこなすためにはそれなりのスキルが要るうえ、定期的にチェックし続けるのはそれなりの労力を要します。

そこでオススメしたいのが、Web解析の人工知能「AIアナリスト」です。

アクセス解析の人工知能「AIアナリスト」

この人工知能は、サーチコンソールと同様にGoogleアナリティクスのデータをもとにしていて、自動でアクセス解析・課題発見・改善提案を行ってくれるスグレモノです。しかも、異常検知機能がついていて、急に検索順位が落ちたときなどはすぐに知らせてくれるので、早急なSEO対策を打つことができます。サーチコンソールと同じく、無料で登録できるので、SEO対策を行うすべての方々に導入をオススメします。